廃車引き取り

廃車不要車引き取り ・ 廃車手続き ・ 廃車還付金 ・ 廃車費用・不要車買取

廃車戦隊ヒキトリレンジャー サービス内容

車体を引き取りし、廃車(抹消)登録手続きと還付手続きを行います。
引き取りさせていただいたお車の廃車(抹消)手続きは無料で行います。
廃車還付金も確実に精算、引取時にご希望により重量税・自賠責保険の立替支払いも行っています。
引き取りさせていただいた使用済自動車は自動車リサイクルシステムに引取報告を行い自動車フロン回収業者・解体業者へ引渡し自動車リサイクルシステムに引渡し移動報告を行います。
動かないお車の廃車引き取りは特にお任せ下さい。
不要車引き取り店直営なので廃車仲介サイトと違いご相談ご質問にも迅速対応。

– – 廃車の手順 – –

  1. お客様より廃車無料見積もりメール送信フォームメールかお電話。
  2. お客様よりメールを受信後24時間以内に、お客様宛に見積もりをメールにて送信致します。
  3. お客様より、お車の引き取りご希望日時指定のメールを当社にお送り下さい。
  4. 当社よりお客様宛に、ご指定日時確認メールをお送り致します。
  5. お客様は買取引き取り日までに必要書類をご用意ください。
  6. ご指定の日時に当社よりお引き取りにお伺いいたします。
  7. 引取り後2週間以内に登録手続き終えた自動車検査証か登録識別情報等通知書のコピーを郵送又はメールにて送信。
  8. 引き取り完了 。

普通車書類還付金

 
軽自動車廃車(抹消登録)必要書類

  • 車検証
  • ナンバープレート 前後 (通常は車に付いています)
  • 自動車賠償責任保険証明書車検切れの場合は不要
  • 自動車リサイクル券(紛失の場合リサイクル券は再発行出来ませんが支払い済みの確認が出来ればなくても大丈夫です)
  • マークシートか登録申請依頼書(当店でご用意致します)

注意:車検所有さんがローン会社や自動車販売店ですと所有権解除が必要になります、上記書類と異なる場合があります


 
普通自動車廃車(抹消登録)必要書類、印鑑証明書・委任状・譲渡証明書・住民票等のご説明

まずは自動車検査証(車検証)を見ることから始めますポイントは車検証の所有者の氏名・住所を確認、車検の有効期限を確認

  • 車検証
  • ナンバープレート  前後 (通常は車に付いています)
  • 自動車賠償責任保険証書(車検切れ車は不要)
  • 自動車リサイクル券(紛失の場合リサイクル券は再発行出来ませんが支払い済みの確認が出来ればなくても大丈夫です)
  • 印鑑証明書1通 運輸支局・自動車検査登録事務所で登録出来る印鑑証明書の有効期限は発行より3ヶ月以内です
  • 自動車登録専用委任状1通 印鑑証明書登録印(実印)の捺印が必要
  • 自動車登録専用譲渡証明書1通 印鑑証明書登録印(実印)の捺印が必要
  • 買取りの場合は自動車税の納税証明が必要になります

注意事項

  • 車検証の所有者さんが自動車販売店・ローン会社等ですと廃車登録手続きには所有権の者の書類が必用ですのでご注意下さい
  • 車検証上の住所と現在の印鑑証明書の住所が異なる繋がりを示す証明書が必要で有効な証明書は住民票・除票・附表になります
  • お名前が変わられた場合は戸籍抄本か戸籍謄本が必要となります
  • 相続自動車の廃車、遺産相続されたお車の廃車(抹消)手続きに必要な書類、遺産分割協議書・戸籍謄本・除籍謄本等


 

廃車で戻るお金 自動車税・重量税・自賠責保険

  • 自動車税(年に一度4月頃に納付書が送られてきます)一時抹消登録でも・永久抹消登録どちららでも、抹消手続きした翌月より年度末まで月数に合わせて戻ります。
  • 自動車重量税(車検時に車の重量に合わせ支払っています)、永久抹消登録手続き・解体届出(一時抹消を先に行ない後日永久抹消登録手続きを行う場合は解体届出)が行われて還付申請を同時に行なえば車検の残り期間で還付になります。
  • 自賠責保険これも車検時に支払い、強制保険・強賠とも呼ばれています)、一時抹消登録・永久抹消登録で解約し返戻金を受け取る事が出来ます、この手続きは陸運支局ではなく、加入保険会社の窓口に行ないます。

自動車税は一時抹消登録か永久抹消登録手続きで廃車登録日の翌月より年度末までの付き割り計算で戻ります、軽自動車の自動車税還付制度はありません。
車検の長さに応じて自動車重量税還付・自賠責保険解約返戻金をお立替支払いサービスもあります、軽自動車も自動車重量税・自賠責保険は還付有ります。
好評の還付金・解約返戻金のお立替現金支払いシステムもあります

廃車戦隊ヒキトリレンジャー

廃車戦隊ヒキトリレンジャー