カテゴリー
エネルギー

日本が抱えているエネルギー問題

日常生活や社会活動を維持していくためにはかせないエネルギー。ですが、日本はエネルギー自給率がとても低い国です。

2018年の日本の自給率は11.8%で、ほかのOECD諸国と比べると低水準となっています。

10年ほど前の2010年には自給率が20.3%あったのですが、さまざまな要因が重なり、現在の水準となっています。

自給率が低い大きな原因は、国内にエネルギー資源がとぼしいことです。

エネルギー源として使われる石油・石炭・液化天然ガス(LNG)などの化石燃料はほとんどなく、海外からの輸入に大きく依存しています。

1970年代に起こった「オイルショック」をきっかけに、化石燃料への依存度を下げようとエネルギー源の分散が進みました(サイト内リンクを開く「【日本のエネルギー、150年の歴史④】2度のオイルショックを経て、エネルギー政策の見直しが進む」)。

しかし、2011年に起こった東日本大震災の影響で国内の原子力発電所が停止し、ふたたび火力発電が増加しています。そのため、現在の化石燃料への依存度は85.5%となっています。

2020-11-18
詳細:経済産業省ホームページ


クリーンエネルギー

クリーン エネルギー 自動車 BEV FCV

自動運転車/ロボットカー