カテゴリー
エネルギー 地熱

地熱発電 大林組 クリーンエネルギー事業

地下のマグマの熱エネルギーを活用し、電気エネルギーに変えるのが地熱発電です。

地熱発電は、火山の多い日本では戦後早くから注目されていました。

地球の内部のマグマの熱を使うので、エネルギー源が枯渇する心配はないといわれています。

大林組は、地熱発電のもつポテンシャルに注目し、事業化を進めています。

現在、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の助成制度を活用して、北海道の「京極北部地域」と「ルスツ地域」の2拠点で井戸を掘削し、地熱貯留槽や熱水の通り道となる断裂の有無、熱水の性状などに関する調査を行っています。

掲載:大林組の地熱発電調査開発事業