太陽光発電

廃棄物問題

東京都ホームページより
東京電力所有の老朽火力発電所の状況等について

東京都環境局

「0円ソーラー」とは
事業者が初期費用を負担して、住宅に太陽光発電設備を設置し、発電した電力を住宅所有者等に販売することで初期費用を回収するので、住宅所有者は初期費用0円で太陽光発電を設置できるものです。設置後、一定期間(概ね10年間)は、発電された電気のうち使用した分の電気料金の支払いが必要ですが、一定期間経過後は、設備が住宅所有者に無償譲渡されます。
神奈川県ホームページ

初期費用0円で手に入る 太陽光発電システム「エネカリ」
太陽光発電:「電気代の節約」+「災害時への備え」が初期費用0円で手に入る
TEPCOホームテック株式会社

大林組 クリーンエネルギー事業
大林組は、2012年7月1日(※)、ゼネコンとして初めて商用の太陽光発電施設「久御山太陽光発電事業所」を稼働させました。大林組の事業の4本柱の一つ、「新領域事業」の中核である再エネ発電事業への挑戦を実らせた意義深い出来事となりました。(運営は大林組100%子会社「株式会社大林クリーンエナジー」による)。
太陽光発電

☆太陽光関連ニュースや情報

JERA とウエスト HD の業務提携に関する基本合意について
株式会社 JERA(以下「 JERA」)と株式会社ウエストホールディングス以下「 ウ
エスト HD」)は、本日、国内における太陽光発電の開発等に関する業務提携について
基本合意しましたのでお知らせします。
公開:2022年2月2日 ウエストホールディングス

JERA 太陽光発電に本格参入へ 100万キロワット以上の施設整備
掲載:2022年2月2日 17時22分 NHK ニュース ウエッブ

道の駅で自然エネ発電 南足柄が災害想定 太陽光や風力 非常用携帯バッテリーも備蓄
掲載:2022年2月1日 07時07分 東京新聞

宮古島市役所で太陽光発電 駐車場にパネル設置、2023年稼働 年240万円の節約見込む
掲載:2022年2月1日 12:26 琉球新報

Qセルズ、ニチコン、来たる自家消費型・住宅用太陽光発電システム市場において戦略的パートナーシップを締結
~ Qセルズの太陽光+ITシステム、ニチコンの蓄電+V2H(トライブリッドシステム) ~
掲載:2022/1/27 RBB TODY

Looop、森トラストと業務提携契約を締結
プレスリリース発表元企業:株式会社Looop
配信日時: 2022-01-27 11:00:00

太陽光発電計画の抜本的見直しを初要求 環境相が意見書
掲載:2022年01月26日 ITメディアニュース

ソネディックス、栃木県茂木町で16.4MWの太陽光発電プロジェクト
掲載:2022年1月13日 17時00分  PRTIMES

戸建てに太陽光発電義務化を 東京都が条例制定目指す、小池知事「ゼロエミッション東京の実現」
掲載:2022年1月3日 東京新聞

前例ない試み、海上・海中太陽光発電を実証へ
横浜市と神奈川大が協力協定
掲載:2021年12月29日  ニュースイッチ

東芝が世界最高を達成、次世代太陽電池「ペロブスカイト」のエネルギー変換効率15.1%に
掲載:2021年2021年09月11日 ニュースイッチ

塗って作れる太陽電池?常識を変える「ペロブスカイト型太陽電池」とは
ソーラーパネルのシェアの約95%は「シリコン」をベースにしたものです(参照)。
しかし実はここ数年の間に「ペロブスカイト型太陽電池」と呼ばれる、シリコン型とはタイプの異なる、新しい素材を用いた太陽電池の注目度が高まっています。
このペロブスカイト型太陽電池は、2009年に桐蔭横浜大学の宮坂力特任教授によって発見された「日本生まれ」の素材です。
実験室レベルでは、すでにエネルギーの変換効率がシリコン型の太陽電池に迫っており、軽くて安価、さらに製造も簡単だとされています。
ビジネスインサイダー ホームページ

全国初 太陽光パネルに新税 事業用1平方mにつき50円 市議会で条例案可決【岡山・美作市】
令和3年第5回美作市議会9月定例会に提案し、閉会中の継続審査となっていた「美作市事業用発電パネル税条例」が、令和3年第7回美作市議会12月定例会で原案のとおり可決されました。
令和3年12月21日に同条例を公布しましたのでお知らせします。また、事業用発電パネル税の導入理由、概要、税収の使途等について、その資料を掲載します。
今後、事業用発電パネル税の新設に向けて、地方税法第731条第2項の規定による総務大臣との協議を進めます。
詳細掲載:岡山市美作市ホームページ

太陽光パネル リユース/リサイクル状況

クリーンエネルギー車 BEV/FCV