カテゴリー
アンモニア エネルギー

アンモニアを燃やして発電

アンモニアは燃やしても二酸化炭素を排出しないことから、現在、発電の燃料として使われている石炭や天然ガスと置き換えることで、大幅な二酸化炭素の排出削減が期待されている。

従来アンモニアは化石燃料を原料にして製造されてきたが、近年では太陽光などの再生可能エネルギーを用いて製造する試みもなされている。もしこれが実用化できれば、アンモニアはカーボンフリーの燃料になり得る。

掲載:科学技術振興機構

カテゴリー
アンモニア エネルギー

世界で急成長のアンモニア市場 新技術で日本初のライセンサーに

世界で急成長のアンモニア市場 新技術で日本初のライセンサーに

世界各国が「脱炭素」へと舵を切るなか、環境負荷の低い革新的なアンモニア合成触媒技術で注目を集める、東京工業大学発ベンチャーのつばめBHB。

小型プラントで地産地消のアンモニア生産を行うソリューションにより、世界の環境・食糧問題の解決を目指す。

2022年3月号
詳細:プロジェクトデザイン オンライン


クリーンエネルギー

クリーン エネルギー 自動車 BEV FCV

自動運転車/ロボットカー

カテゴリー
アンモニア エネルギー

アンモニアが燃料に? 次世代エネルギーとしての魅力

【脱炭素】アンモニアが燃料に? 次世代エネルギーとしての魅力

地球温暖化から私たちの未来を守るために、脱炭素(カーボンニュートラル)が世界的なムーブメントになっている。

大きな論点である電力は、日本では現在、発電量の約75%が火力発電。原子力・太陽光・風力などさまざまな代替方法が検討される中、次世代エネルギーのひとつとして「アンモニア」が注目され、実証事業も開始している。

「臭い」「有毒」などといったイメージが強いアンモニアだが、政府の目標では、2050年までに水素とアンモニアで10%の日本の電力資源が賄われるようになる。

今回は、アンモニアが注目を集める理由や、次世代エネルギーとしての魅力を紹介する。

2022.01.27
詳細:野村証券 エル・ボルデ


クリーンエネルギー

クリーン エネルギー 自動車 BEV FCV

自動運転車/ロボットカー

カテゴリー
アンモニア エネルギー

常圧アンモニア合成法を開発 広島大学

【研究成果】水素化リチウムを利用した常圧アンモニア合成法を開発~貴金属触媒を利用しない高効率な反応制御技術を確立~
本研究成果のポイント
水素化リチウムのケミカルルーピングプロセスによるアンモニア合成法
常圧の水素、窒素からアンモニアを合成可能
貴金属触媒を利用せず反応を高効率に制御する技術を確立
概要
 広島大学自然科学研究支援開発センターの宮岡裕樹准教授、新里恵多助教、同大学大学院先進理工系科学研究科市川貴之教授、田川賢太朗(M2)、魏弘之(D2)らの研究グループは、水素化リチウムを用いたケミカルルーピングプロセスによるアンモニア合成方法を高効率に制御する技術を開発した。
この手法は、常圧の水素と窒素からアンモニアを合成可能であり、貴金属等の触媒を必要としないため、自然エネルギーの利用を目的とした小規模分散型のアンモニア合成手法としての展開が期待される。
本研究成果は、国際科学誌「Journal of Physical Chemistry Part C」に掲載されます(報道解禁については、2月5日(土)午前0時以降にお願いいたします)。

詳細:広島大学 ホームページ


クリーンエネルギー

クリーン エネルギー 自動車 BEV FCV

自動運転車/ロボットカー