カテゴリー
エネルギー 水素

「燃料電池」~私にもできるカーボンニュートラルへの貢献(前編)

あらためて知る「燃料電池」~私にもできるカーボンニュートラルへの貢献(前編)

水素は、CO2を排出しない次世代のエネルギーとして期待されています。水素が広く活用される「水素社会」を構築するカギのひとつとなるのが、水素を使って電気や熱をつくることができるシステム「燃料電池」です。今回は、身近にある燃料電池としてすっかりおなじみとなった「エネファーム」などの定置用燃料電池を事例に、燃料電池が電気や熱をつくるしくみをあらためてご紹介するとともに、燃料電池が「カーボンニュートラル」にどのように貢献できるのかを見ていきましょう。

「燃料電池」って何?
「燃料電池」とはそもそも何なのでしょうか?あらためておさらいしてみましょう。

「電池」というと、“電気をためている装置”というイメージがあるかと思いますが、燃料電池は、それらとは大きく違うものです。

燃料となるのは、水素と酸素です。みなさんも、理科の実験で、水に電気を流すことで水素と酸素に分解する「電気分解」を学んだことがあると思いますが、燃料電池はその逆で、水素と酸素を化学反応させて水をつくり、この過程で発生する電気や熱を使います。つまり、“小さな発電所”とも言えます。

水素燃料電池

詳細:経済産業省 資源エネルギー庁 ホームページ

カテゴリー
エネルギー 水素

「燃料電池」~将来のエネルギー網に欠かせない機器(後編)

あらためて知る「燃料電池」~将来のエネルギー網に欠かせない機器(後編)

使用する際にCO2を排出しないエネルギーとして期待されている、次世代の新エネルギー・水素。水素が広く活用される「水素社会」を構築するカギのひとつとなるのが、水素を使って電気をつくるシステム「燃料電池」です。前編では、家庭用燃料電池「エネファーム」を中心に、そのメリットやカーボンニュートラルへの貢献をご紹介しました(サイト内リンクを開く「あらためて知る『燃料電池』~私にもできるカーボンニュートラルへの貢献(前編)」参照)。後編では、業務・産業用の燃料電池の現状や、水素を直接利用する新しいタイプの燃料電池についてご紹介しましょう。

事業継続に・省エネに…さまざまな場所で活躍する燃料電池
燃料電池は、家庭用燃料電池「エネファーム」が普及拡大するだけでなく、業務・産業用での利用も拡大しています。

業務・産業用燃料電池は、用途に応じて、発電容量も数kWから数百kWまで幅広い種類があります。すでにさまざまな場所において、業務・産業用燃料電池が活躍しています。たとえば、電気が止まってはいけない工場、公共施設、病院・福祉施設などでは、事業継続計画(BCP)の観点から導入が進められています。

導入がおこなわれている施設のひとつがデータセンターです。インターネット用のサーバやデータ通信などの装置を設置・運用するデータセンターは、さまざまな企業や個人のデータをクラウドであずかっています。こうした大事な機器やデータを守るため、データセンターでは停電にそなえたバックアップ電源が必須となります。停電が起こってもガスの供給があれば発電しつづけられる燃料電池は、このような場所でも活躍できます。

また、需要地のすぐそばで電気をつくる燃料電池は、発電時に発生する熱も利用することができます。このように電気も熱もムダなく使用できることから省エネルギー、CO2削減につながるとして、浴槽やシャワーなどでお湯をたくさん使う工場内社員用施設などへの導入実績もあります。

詳細:経済産業省 資源エネルギー庁 ホームページ

カテゴリー
エネルギー 水素

「水 素」 エネルギー <エネルギー自給自足応援サイト>

カーボンニュートラル実現に向けた鍵となる「水素」

水素は、多様な資源から製造できるため、国内での製造や、海外からの資源の調達先の多様化を通じ、我が国のエネルギー供給・調達リスクの低減に資するエネルギーです。

また、水素は、再生可能エネルギーによる水の電気分解や、化石燃料と二酸化炭素の貯留・再利用技術を組み合わせることで、カーボンフリーなエネルギーとして活用可能です。

多くの国がカーボンニュートラルの実現に向けて動き出す中、発電・輸送・産業といった幅広い分野の脱炭素化に資する、2050年カーボンニュートラル実現に向けた鍵である水素。

日本は、水素の社会実装に向けて、水素を「つくり」「はこび」「ためて」「つかう」取組を、世界に先駆けて推進しています。

詳細:環境エネルギー庁ホームページ

カテゴリー
エネルギー 地熱 水素

地熱でグリーン水素を製造、供給へ [大分県玖珠郡九重町]

これまで私たちは石油や石炭などの化石燃料を燃焼させて得られるエネルギーを利用してきました。この方法は温室効果ガスの一つであるCO2を大量に排出するため、地球温暖化などの問題を引き起こしているといわれています。

一方、水素は、燃焼してもH2Oすなわち「水」しか発生させません。

大林組は、この水素こそ未来社会にとって重要なエネルギーと考えています。知見の蓄積がある再生可能エネルギーを利用して水素を製造するとともに、その利活用やサプライチェーンの構築に向けたさまざまな実証事業を国内外で展開しています。

掲載:地熱発電で水素を製造