カテゴリー
エネルギー クリーンエネルギー自動車 合成燃料

すれ違う日本と欧州のE-Fuel:日本のとるべき戦略

2050年のカーボンニュートラルにむけた議論が加速する中、再エネ水素を用いた合成燃料、いわゆるE-Fuelに注目が集まっている。

ネットを検索すれば、アウディやポルシェが開発に取り組んでいるとか、トヨタ・日産・ホンダも推進しているとか、欧州の一連の水素戦略の真の理由はE-Fuelのためであるなどの解説が並んでいる(図1)。

詳細:京都大学大学院 経済学研究科 コラム


クリーンエネルギー

クリーン エネルギー 自動車 BEV FCV

自動運転車/ロボットカー

カテゴリー
エネルギー クリーンエネルギー自動車 合成燃料 温室効果ガス対策-二酸化炭素/CO2-メタンガス等

再エネ合成燃料(二酸化炭素から燃料を造る)

自動車や航空機などの運輸部門におけるCO2排出量の大幅削減に向け、当社では既存の化石燃料(ジェット燃料、ガソリン、灯油など)の代替品となる「再生可能エネルギー由来の水素」と「CO2」を原料とした「再エネ合成燃料」製造技術の研究に取り組んでいます。

原料のCO2は、工場の排気ガスや大気から回収したものですので、「再エネ合成燃料」を使用しても地球のCO2濃度を増加させることはありません。

「再エネ合成燃料」は化石燃料(原油)に非常に近い成分でできていますので、既存の製油所設備の転用が可能であるとともに、燃料を使用する航空機や自動車も既存のものがそのまま使えます。燃料の流通経路も確立されているため、製造技術が実現すれば非常に早く普及できると考えています。

本技術の実現に向けて、製造プロセス、触媒など様々な技術革新が必要です。

技術革新のために当社では「効率的に燃料を製造できる触媒開発」、「触媒の性能を最大限に生かすプロセス開発」に取り組んでいます。

詳細:ENEOS ホームページ


クリーンエネルギー

クリーン エネルギー 自動車 BEV FCV

自動運転車/ロボットカー

カテゴリー
エネルギー クリーンエネルギー自動車 合成燃料 温室効果ガス対策-二酸化炭素/CO2-メタンガス等

エンジン車でも脱炭素?グリーンな液体燃料「合成燃料」とは

エンジン車でも脱炭素?グリーンな液体燃料「合成燃料」とは

2050年のカーボンニュートラル実現に向けて、2020年末に策定された「グリーン成長戦略」(「カーボンニュートラルに向けた産業政策“グリーン成長戦略”とは?」参照)のもと、あらゆる分野・産業でさまざまなチャレンジがおこなわれています。

グリーン成長戦略については、2021年6月よりさらなる具体化がおこなわれているところですが(経済産業省のページを別ウィンドウで開く参照)「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略を策定しました」、そのひとつに位置づけられるのが「合成燃料」の開発です。

合成燃料とはどんなものか、どのような分野での活用が期待できるのか、研究が進む合成燃料について解説します。
2021-07-08
詳細:資源エネルギー庁 ホームページ

合成燃料


クリーンエネルギー

クリーン エネルギー 自動車 BEV FCV

自動運転車/ロボットカー