電気自動車バッテリー/蓄電池

ウィキペディア ニッケル鉄電池 エジソン電池
エジソン電池の耐久性は30年~50年

エジソンの電気自動車バッテリーが変身する
トーマス・エジソンは、単に電信と電球を思いついただけではありませんでした。米国のイノベーターは、20世紀初頭に電気自動車のバッテリーを販売していました。同じニッケル鉄電池技術は、21世紀の急速充電電源としてすぐに復活する可能性があります。
掲載:ワーズ・サイドキック・ドットコム

☆BEV用バッテリー ニュース

パナソニック テスラ向け大容量新型電池 和歌山の工場で量産へ
4680は直径46ミリメートル、長さ80ミリメートルの円筒形電池で、EV生産の低コスト化と航続距離のバランス最適化を目指すテスラが考案した。自社の従来製品よりサイズを大型化することにより、1本当たりの電池容量を5倍に高めながら、車体に組み込む際の工数を削減することが可能だ。
掲載:2022年2月2日 22時32分  NHK ニュース ウエッブ

京セラが25年めど車載電池参入、展開する「クレイ型」とは?
掲載:2022年01月30日 ニュースイッチ
世界初! クレイ型リチウムイオン蓄電地内蔵の「Enerezza」(エネレッツァ)を製品化
2019/11/09 京セラホームページ

トヨタとパナソニックが共同出資する電池会社、東大と確立目指す革新技術の中身
掲載:2022年01月28日 ニュースイッチ

GM、電力供給事業を拡大 燃料電池を自動車以外に活用
ゼネラルモーターズ(GM)は、プラットフォーム・イノベーターとしての成長を加速させ、今回HYDROTEC水素燃料電池技術の新しい商業用途について発表した。
掲載:2022.01.29 @DIMEアットダイム

EV電池延命に「ドライ電極」
掲載:日経クロステック 2022.01.25

「パナソニック、走行距離20%延ばしたバッテリー、米テスラにまず供給」
掲載:ハンギョレ 登録:2022-01-25 20:00 修正:2022-01-26 07:0

リチウムのリサイクル技術確立 世界初、電池から再資源化―住友鉱など
掲載:2022年01月19日 jiji.com

[10日 ロイター] – 米電気自動車(EV)大手のテスラは10日、ミネソタ州の鉱山からニッケルを調達する契約をタロン・メタルズと結んだと発表した。
掲載:2022年1月11日 ロイター ホームページ

ニッケルブログ
電気自動車用の車載電池においてニッケルは持続可能なのか?
ニッケルは高性能リチウムイオン電池の陰極に最適な材料です。他の材料よりも電圧が高く、2倍近くのエネルギー密度を有する高ニッケルリチウムイオン電池であれば、電気自動車の一回の充電による走行距離が伸びるだけでなく、軽量化も実現しています。また、単結晶ニッケル陰極の商品化によってサイクル寿命がさらに延び、駐車中の電気自動車を家庭用蓄電池として活用することも可能になりました。
掲載:2020年7月27日 ニッケル協会 東京事務所

電池の歴史 パナソニック

車と暮らしをひとつに。
これからは、電気をEVにためて使う。
デンソー V2H-充放電器