「燃料電池」~私にもできるカーボンニュートラルへの貢献(前編)

あらためて知る「燃料電池」~私にもできるカーボンニュートラルへの貢献(前編)

水素は、CO2を排出しない次世代のエネルギーとして期待されています。水素が広く活用される「水素社会」を構築するカギのひとつとなるのが、水素を使って電気や熱をつくることができるシステム「燃料電池」です。今回は、身近にある燃料電池としてすっかりおなじみとなった「エネファーム」などの定置用燃料電池を事例に、燃料電池が電気や熱をつくるしくみをあらためてご紹介するとともに、燃料電池が「カーボンニュートラル」にどのように貢献できるのかを見ていきましょう。

「燃料電池」って何?
「燃料電池」とはそもそも何なのでしょうか?あらためておさらいしてみましょう。

「電池」というと、“電気をためている装置”というイメージがあるかと思いますが、燃料電池は、それらとは大きく違うものです。

燃料となるのは、水素と酸素です。みなさんも、理科の実験で、水に電気を流すことで水素と酸素に分解する「電気分解」を学んだことがあると思いますが、燃料電池はその逆で、水素と酸素を化学反応させて水をつくり、この過程で発生する電気や熱を使います。つまり、“小さな発電所”とも言えます。

水素燃料電池

詳細:経済産業省 資源エネルギー庁 ホームページ

車の画像から車の部分名・部品名称・部位名称を解説

廃車
廃車するなら引き取り専門業者 廃車戦隊ヒキトリレンジャー 動かない車も簡単楽々廃車