カテゴリー
エネルギー

水素エネルギー協会とは

活動の趣旨
化石燃料消費の増大に起因する地球温暖化問題が世界共通の重要課題となり、二酸化炭素の排出量削減が求められている。

このため、自然再生エネルギーの導入や二酸化炭素の回収・貯留技術の導入が求められている。 水素は各種の自然再生エネルギーや化石燃料から製造可能であることから電力とともに地球環境保全が可能な二次エネルギーであり、持続可能社会を実現できる可能性を有することに導入の意義がある。

しかし、水素を大量に導入できる水素エネルギーシステムを構築するには多くの課題の解決が必要となる。重要な鍵を握る技術課題の解決には、サイエンスとエンジニアリングの英知を集めて対応する必要がある。

また、市場導入に際しては社会システムの変革をも必要となるので産・官・学が連携して問題解決に当たらねばならない。

水素エネルギー協会は水素・燃料電池技術の研究開発に寄与する活動のほか、水素エネルギー技術が研究開発段階から脱皮し、大きな産業に発展する可能性を有することを社会に発信して産・官・学の連携による水素エネルギーの導入・普及に貢献すること、海外の団体や学会などとの交流や連携によって情報の共有や相互支援を行うことなど、水素社会の構築に向けた幅広い活動を行うことを目指している。

詳細:一般社団法人 水素エネルギー協会


クリーンエネルギー

クリーン エネルギー 自動車 BEV FCV

自動運転車/ロボットカー