カテゴリー
エネルギー

常圧アンモニア合成法を開発 広島大学

【研究成果】水素化リチウムを利用した常圧アンモニア合成法を開発~貴金属触媒を利用しない高効率な反応制御技術を確立~
本研究成果のポイント
水素化リチウムのケミカルルーピングプロセスによるアンモニア合成法
常圧の水素、窒素からアンモニアを合成可能
貴金属触媒を利用せず反応を高効率に制御する技術を確立
概要
 広島大学自然科学研究支援開発センターの宮岡裕樹准教授、新里恵多助教、同大学大学院先進理工系科学研究科市川貴之教授、田川賢太朗(M2)、魏弘之(D2)らの研究グループは、水素化リチウムを用いたケミカルルーピングプロセスによるアンモニア合成方法を高効率に制御する技術を開発した。
この手法は、常圧の水素と窒素からアンモニアを合成可能であり、貴金属等の触媒を必要としないため、自然エネルギーの利用を目的とした小規模分散型のアンモニア合成手法としての展開が期待される。
本研究成果は、国際科学誌「Journal of Physical Chemistry Part C」に掲載されます(報道解禁については、2月5日(土)午前0時以降にお願いいたします)。

詳細:広島大学 ホームページ


クリーンエネルギー

クリーン エネルギー 自動車 BEV FCV

自動運転車/ロボットカー