廃車引き取り
カテゴリー
2.自動車リコール&点検修理キャンペーン情報

ジャガー F-PACE他 リコール情報

平成30年4月17日
ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社から、平成30年4月17日国土交通大臣に対して、下記の通りリコールの届出がありましたので、お知らせします。

不具合の部位 (部品名) その他(メーターパネルユニット)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
メーターパネルユニットの制御プログラムが不適切なため、当該ユニットの内部温度を誤って異常検知し、強制的に再起動することがある。
そのため、走行中にメーターパネルが消灯し、速度計または警告灯等が表示されないおそれがある。

改善措置の内容
全車両、メーターパネルユニットの制御プログラムを対策プログラムに書き換える。

詳しくは国土交通省ホームページ

カテゴリー
2.自動車リコール&点検修理キャンペーン情報

リコール届出についてジャガー XF Prem.Lux他

平成30年4月17日

ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社から、平成30年4月17日国土交通大臣に対して、下記のとおりリコールの届出がありましたので、お知らせします。

不具合の部位 (部品名) エアバッグ装置(インフレータ)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止
が不適切であった場合、高い湿度の環境下で温度変化を繰り返すと、ガス発生剤が
劣化することがある。そのため、エアバッグ展開時にインフレータ容器が破損する
おそれがある。

改善措置の内容
全車両、エアバッグユニットを対策品に交換する。なお、対策品の準備に時間を要
することから、まずは全ての使用者に対しダイレクトメール等により連絡し、対策
品の準備ができた段階で古い車両の使用者から再度連絡し、交換作業を行う。


詳しくは国土交通省ホームページ

カテゴリー
2.自動車リコール&点検修理キャンペーン情報

リコール情報 平成29年5月31日 ジャガーXF 燃料ホースの組付け指示が不適切

リコール届出日:平成29年5月31日
リコール届出番号 外-2486
リコール開始日 平成29年5月31日
不具合の部位 (部品名) 燃料装置(燃料ホース)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因燃料装置において、燃料ホースの組付け指示が不適切なため、燃料ホースが車体若しくは蒸発ガスホースと接触しているものがある。
そのため、走行時の振動によりホースが損傷し、燃料が漏れ、漏れて気化した燃料がパージバルブ電気コネクタ等で着火し、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

詳しくは国土交通省ホームページで
https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_002635.html

カテゴリー
2.自動車リコール&点検修理キャンペーン情報

リコール 2017年5月31日、ジャガー  燃料装置の強度不足で燃料漏れの恐れ

外車レンタカー

届出日 : 2017年5月31日
届出番号 : 外2487
車名、型式、通称名等
車 名 :ジャガー
型 式 :CBA-J05MB 他
通称名 :XFR 他
対象台数 3台
輸 入 日 平成21年 6月 1日

不具合の部位等
燃料装置において、燃料ポンプフィルターフランジの燃料圧力に対する強度が不足のため、フランジ部に亀裂が発生することがある。
そのため、亀裂部から燃料が漏れ、漏れて気化した燃料が高温の排気管により着火し、最悪の場合、火災に至るおそれがある。

詳しくは国土交通省ホームページで
https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_002634.html

■後世へ継承、ヘリテージ・カー、ヴィンテージーカー、クラシックカーの海外オークション落札価格・相場情報

≪落札価格・相場情報≫

アメリカ車 : イタリア車 : イギリス車 : フランス車

ドイツ車 : 外国車その他 : 日本車