廃車引き取り
カテゴリー
2.自動車リコール&点検修理キャンペーン情報

トヨタ ダイナ 他 リコール情報

リムジン女子会

平成30年4月11日
トヨタ自動車株式会社から、平成30年4月11日 国土交通大臣に対して、下記のとおりリコール届出がありましたので、お知らせします。

不具合の部位(部品名) 制動装置(駐車ブレーキ)

基準不適合状態にあると 認 め る 構 造 、 装 置 又は 性 能 の 状 況 及 び そ の原因
手動式駐車ブレーキレバーにおいて、保持機構のばね力が不適切なため、レバーを引き上げた際に保持用ギヤの歯先同士がつり合った状態で保持されると、振動等が加わった場合につり合いが外れ、当該レバーが解除されることがある。そのため、駐車制動力が低下し、最悪の場合、駐車状態の車両が動き出すおそれがある。

改 善 措 置 の 内 容 全車両
駐車ブレーキレバーを対策品に交換する。

★製作期間の全体の範囲
平成1 9年 8月 1 3日~平成2 8年1 0月 4日 (計 42,076 台)

詳しくは国土交通省ホームページ

カテゴリー
2.自動車リコール&点検修理キャンペーン情報

トヨタ アクア 改善対策の届出について

リムジン

平成30年4月19日

トヨタ自動車株式会社から、平成30年4月19日 国土交通省自動車局長に対して、下記のとおり改善対策の届出がありましたので、お知らせします。

不具合の部位(部品名) その他(プリクラッシュセーフティシティセンサ)

不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
衝突回避支援システムにおいて、プリクラッシュセーフティシティセンサ
の夜間作動プログラムが不適切なため、夜間のカメラ映像が使用できず反射
レーザーデータのみでの作動となり、前方車両を正しく検出できなくなるこ
とがある。そのため、夜間走行中の衝突被害軽減ブレーキ性能が低下するお
それがある。

改善対策 の内容 全車両
夜間作動プログラムを修正する。

詳しくは国土交通省ホームページ

カテゴリー
1.国土交通省報道 2.自動車リコール&点検修理キャンペーン情報

5月1日からタカタ製エアバッグのリコール未改修車両は車検が通らなくなります! 早急にエアバッグのリコール作業を受けてください

平成30年4月25日 報道発表
タカタ製エアバッグのリコール改修を促進するため、異常破裂する危険性が高い未改修車両については、本年5月1日より、車検が通らなくなります。 本年3月末時点で約84万台が対象となっており、本措置の対象車両のユーザーの皆様は、引き続き車検の有効期間を待つことなく、一刻も早く改修を行って頂くようお願いします。

.車検で通さない措置の対象車両 (自動車メーカー9社、97車種、約84万台(本年3月末時点))
メーカー名 車種 措置対象台数
いすゞ コモ 9台
SUBARU インプレッサ、レガシィ 7,529台
ダイハツ ミラ、ハイゼットなど4車種 62,852台
トヨタ・レクサス ヴォクシー、カローラ、SC430など25車種 419,373台
日産 エクストレイル、フーガなど14車種 97,117台
ビー・エム・ダブリュー E46,3シリーズ(318i、320i)など11車種 279台
ホンダ フィット、アコードなど31車種 227,272台
マツダ RX-8、アテンザなど5車種 15,123台
三菱 ランサー、アイなど4車種 9,317台

詳しくは国土交通省ホームページ