廃車引き取り
カテゴリー
2.自動車リコール&点検修理キャンペーン情報

三菱 トライトン リコール情報

リムジンレンタル

平成30年4月4日
Mitsubishi Motors(Thailand)Co., Ltd. から、平成30年4月4日国土交通大臣に対して、下記のとおりリコール届出がありましたので、お知らせします。

不具合の部位(部品名) エアバッグ装置(インフレーター)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
運転者席用エアバッグのインフレーター(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切なため、温度および湿度変化の繰り返しによりガス発生剤が劣化することがある。このため、エアバッグ展開時にインフレーター容器が破損するおそれがある。

改 善 措 置 の 内 容 全車両
エアバッグインフレーターを対策品と交換する。

(製作期間の全体の範囲)
平成18年8月30日~平成22年4月28日 (計1,400台)

備考:本届出のリコール対象車は、一部を除き平成27年7月23日付け届出番号「外-2208」にてリコール届出を行なったものであり、改善措置により乾燥剤が入っていない新品のインフレーターに交換しているため、再度リコール届出を行なうものである。

詳しくは国土交通省ホームページ

カテゴリー
2.自動車リコール&点検修理キャンペーン情報

三菱「 アイ」「 ランサー」 リコール情報

平成30年4月4日
三菱自動車工業株式会社から、平成30年4月4日国土交通大臣に対して、下記のとおりリコール届出がありましたので、お知らせします。

不具合の部位(部品名) エアバッグ装置(インフレーター)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
助手席用エアバッグのインフレーター(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切なため、温度および湿度変化の繰り返しによりガス発生剤が劣化することがある。
このため、エアバッグ展開時にインフレーター容器が破損するおそれがある。

改 善 措 置 の 内 容 全車両
エアバッグインフレーターまたはエアバッグモジュールを対策品と交換する。

製作期間の全体の範囲
平成15年12月2日~平成24年2月20日 (計 131,228 台)

備考:本届出のリコール対象車は、一部を除き平成26年12月11日付け届出番号「3489」、平成27年5月22日付け届出番号「3576」、または平成27年6月25日付け届出番号「3588」にてリコール届出を行なったものであり、改善措置により乾燥剤が入っていない新品のインフレーターに交換しているため、再度リコール届出を行なうものである。
【注意事項】
リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

詳しくは国土交通省ホームページ

カテゴリー
1.国土交通省報道 2.自動車リコール&点検修理キャンペーン情報

5月1日からタカタ製エアバッグのリコール未改修車両は車検が通らなくなります! 早急にエアバッグのリコール作業を受けてください

平成30年4月25日 報道発表
タカタ製エアバッグのリコール改修を促進するため、異常破裂する危険性が高い未改修車両については、本年5月1日より、車検が通らなくなります。 本年3月末時点で約84万台が対象となっており、本措置の対象車両のユーザーの皆様は、引き続き車検の有効期間を待つことなく、一刻も早く改修を行って頂くようお願いします。

.車検で通さない措置の対象車両 (自動車メーカー9社、97車種、約84万台(本年3月末時点))
メーカー名 車種 措置対象台数
いすゞ コモ 9台
SUBARU インプレッサ、レガシィ 7,529台
ダイハツ ミラ、ハイゼットなど4車種 62,852台
トヨタ・レクサス ヴォクシー、カローラ、SC430など25車種 419,373台
日産 エクストレイル、フーガなど14車種 97,117台
ビー・エム・ダブリュー E46,3シリーズ(318i、320i)など11車種 279台
ホンダ フィット、アコードなど31車種 227,272台
マツダ RX-8、アテンザなど5車種 15,123台
三菱 ランサー、アイなど4車種 9,317台

詳しくは国土交通省ホームページ

カテゴリー
2.自動車リコール&点検修理キャンペーン情報

リコール情報、三菱・ギャラン・RVR 届出日:平成29 年2 月9 日

不具合の部位(部品名) 原動機(エンジン制御用コントロールユニット(エンジンECU))

エンジン制御ECUにおいて、アイドリング時の制御プログラムが不適切なた
め、エンジン回転状態を検知するクランク角センサーの出力信号に一時的な乱れ
や瞬断が発生すると、点火および燃料噴射を適正に行えないことがある。
そのため、エンジン回転が不安定になり、最悪の場合、エンストに至るおそれがある。

RVR
GA3W-0000101~GA3W-0100153
平成22年2月8日~平成24年9月10日

ギャラン
CX3A-0000201~CX3A-0100955
平成21年12月11日~平成23年10月20日

CY3A-0000201~CY3A-0101745
平成21年12月11日~平成23年10月21日

詳しくは国土交通省ホームページで
https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_002531.html