カテゴリー
エネルギー 水素

脱炭素へ急加速、 水素発電の最前線 三菱重工

2021-3-1
脱炭素へ急加速、 水素発電の最前線。
1. 水素社会へ、世界の足並みは揃った。
2020年10月26日、菅首相は所信表明演説で、2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする脱炭素社会の実現を目指すと宣言した。また、その前月には中国の習近平国家主席が2060年までにカーボンニュートラルを目指すとしている。

EUは既に2019年に、2050年カーボンニュートラル目標の実現方法を発表。そして2021年1月、アメリカではジョー・バイデン氏が新大統領に就任し、パリ協定への復帰に向けた文書に署名した。このように、世界はカーボンニュートラルの実現に向けて力強く動き始めた。

そこでますます期待が高まっているのが、燃焼時にCO2を排出しない水素の発電利用である。

掲載:2021-3-1 三菱重工
水素発電で、サステナブルな未来を実現する。